みなとスタジオ日記

佐渡でみなとヨガ・ピラティスのスタジオの運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

木のポーズ〜集中力を高めて心もすっきり♪〜

こんにちは!

12月に入りましたね。

今年は暖かいですが、徐々に冬の佐渡らしいお天気が増えてきています。

 

曇天と強風に心もつられてインドアになりがちな時期も、

自分の内側から心地よいエネルギーを生み出して快適に過ごしていきたいものですね♪

 

さあ、今回ご紹介するのは『木のポーズ』です。

ヨガといえばこのポーズをイメージを想像する方も多いのではないでしょうか。

片脚でバランスするポーズですが、実は下半身だけではなく全身を意識して、深い集中を味わえる奥深いポーズです。

いきなり完成形が難しい場合も、やさしいバリエーションがいろいろあるので安心してくださいね(^^)

 

それではさっそく見ていきましょう!

 

f:id:minatostudio:20181203173325j:plain

★木のポーズ★

①基本の軸をつくる

山のポーズから、軸になる脚(イラストでは左脚)に重心を少しずつ移していきます。

軸脚から地面に根が張っているようにイメージしましょう。

下腹部を引き締めて、木が空に高く伸びるように背筋をまっすぐ伸ばします。

両手は腰に当てておきましょう。

 

②脚のバリエーション

右脚を軽く曲げて外側へ開き、左脚に寄せていきます。自分の状態に合わせて、安定してポーズを保てるところまで脚を上げていきましょう。

・つま先を軽く床につけたままバランスを取る

・右足を左脚のふくらはぎにつける

・右足を左脚の太ももへつける

脚の位置が決まって安定したら、遠くを見ながら深い呼吸を繰り返します。

 

③腕のバリエーション

可能なら、

・腰の手の位置をゆっくり胸の前で合掌する

・さらに、合掌から天井へ向かってまっすぐに伸ばす(息を吸いながら伸ばします)

とチャレンジしてみましょう。ポーズを保ち、そのまま数呼吸味わいます。

 

f:id:minatostudio:20181203173416j:plain

ポーズを解くときは
息を吐きながら手の位置を胸元、もしくは腰へもどし、右足を床へ下ろします。
山のポーズに戻って両足でどっしりと立つ感覚を味わってから、反対側も行いましょう。

 

足を高く上げることや腕を伸ばすことにこだわらず、呼吸に集中しながら姿勢を保つこと、軸の足が根が張ったように安定している(だから上半身の余分な力をかけずに、気持ちよく腕を伸ばしたり呼吸ができる)感覚を味わっていただきたいポーズです。

山のポーズに戻ってきたときの、『両足で立つ安定感』が改めて感じられるのもぜひ体感してみてくださいね。

 

木のポーズを集中して行うと、気持ちがすっきりしながらも安心するような、不思議な心地よさを感じます。私は以前勤めていたころ、繁忙期の朝など心がちょっとソワソワする時は、このポーズでちょっと心を整えてから出勤したりしていましたよ(^^)

☆☆☆
みなとヨガ・ピラティススタジオ
佐渡市両津湊260(県道65号沿い) (有)両蒲内、 2階が会場になります。

HP / クラススケジュール / クラス案内 / アクセス

お問合せ:minatoyogapila.okok@gmail.com