みなとスタジオ日記

佐渡でみなとヨガ・ピラティスのスタジオの運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

三角のポーズ〜下半身の引き締め、上半身を大きく開いて新しい気持ちに!〜

明けましておめでとうございます!2019年もどうぞよろしくお願いします!

みなさま、年末年始はゆっくり過ごせましたか?

 

私は年末年始は教室をお休みしつつ、先日東京へピラティスやヨガのレッスン・講習などを受けて刺激を受けてきました!

また別にレポートしたいと思いますが、大好きな先生たちのレッスンを受けて、やっぱりヨガってピラティスっていいなぁ!おもしろいなぁ!これが必要な人がきっといっぱいいるはず!という思いも新たになりました。

 

これだ!と思ったことやピーンと来たことはどんどんクラスに盛り込んでいきますので、どうぞ楽しみにスタジオへお越しくださいね^^

 

さて、年明け最初のブログは昨年に引き続き立位のポーズ紹介です。お正月休みにちょっと体が鈍ってしまった方にも、お仕事に追われてコリコリの方にもおススメ!凝り固まった身体を気持ちよく開く(年始にふさわしいっぽい!)三角のポーズをご紹介します♪

 

△▲△三角のポーズ▲△▲

f:id:minatostudio:20181230160504j:plain

◆脚を大きく開き、左のつま先を正面、右のつま先は90度外側へ向けます(骨盤が正面を向きます)

 

◆両手を肩幅に大きく広げましょう

 

◆右手を誰かに引っ張られるようなイメージで、上半身を右側へ少し傾けて

 

◆左の腰は、反対に左方向へ引いておきます

f:id:minatostudio:20181230160519j:plain

◆息を吐きながら、後ろの壁に沿うようなイメージで右へ上体を傾けていき、右手を右脚に沿わせます。左腕は天井へ→胸や骨盤が前へ倒れて来ないように開くのがポイント!

 

◆右のウエストをキュッと引き締めて、尾骨から頭のてっぺんまで背骨を真っ直ぐに伸ばします(体勢が辛いと感じたら、身体の傾きを少し戻しましょう)

 

さらにもう一歩チャレンジするなら、

◆右手を無理なく下ろせるところまで下ろし、視線を左の指先へ向けます

 

◆腰からわき腹にかけての力強い伸び、内腿の伸びなどを心地よく味わいながら、数呼吸ポーズを保ちます

 

◆戻る時はウエストを引き締めながら、左腕を誰かに引かれるようなイメージで上体を起こしましょう。同じように、反対側も行います

 

△▲△▲△

 

内腿がキュッと締まり下半身の引き締め効果、背骨をしっかり伸ばすことで強化に繋がります。胸や骨盤を大きく開くことで、呼吸が深くなり、気持ちも前に向きやすくなるこのポーズ。新しい目標を立てたりすることが多い新年にぴったりかもしれませんね(*^^*)

 

非常に左右差を感じやすいポーズでもあるので、マットの上でやってみてやり辛さを感じたりしっくり来ない場合は、壁を背にしてトライしてみましょう。骨盤や胸の開き方がわかりやすく、壁が身体を補助してくれるので取り組みやすいですよ。

 

これから冬本番、身体をずっと縮こまらせたままにせず、気持ちよ〜く開いてリフレッシュする時間も作ってみてくださいね♪

 

☆☆☆
みなとヨガ・ピラティススタジオ
佐渡市両津湊260(県道65号沿い) (有)両蒲内、 2階が会場になります。

HP / クラススケジュール / クラス案内 / アクセス

お問合せ:minatoyogapila.okok@gmail.com