みなとスタジオ日記

佐渡でみなとヨガ・ピラティスのスタジオの運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

肋間筋を広げるストレッチで深い呼吸を導こう♪

こんにちは〜!

3月に入り、暖かい日、お天気が良い日が増えてきましたね。

私の趣味であるお散歩もぐっと捗ってきています!嬉しい!!

 

暖かくなってくると寒い冬に硬くなっていた身体も自然と緩み始めます。

この自然な緩みに乗じて、呼吸にまつわる筋肉を伸ばして、深く心地良い呼吸を手に入れてほしい!

 

というわけで、今回は肋間筋(ろっかんきん)のストレッチをご紹介していきたいと思いますよ〜♪

f:id:minatostudio:20190308130549j:plain

肋間筋って、もしかすると聞き馴染みのない方も多いかもしれません。

肋骨と肋骨の間を繋ぐようについている筋肉で、

硬くなることで浅い呼吸の原因にもなる重要な筋肉です。

 

肋骨、肩甲骨、鎖骨などの、胸郭(あばらで囲まれているエリア)周辺の骨はそれぞれ密接に関係していて、どこか一箇所が固まると、連動して全体が硬くなる負の連鎖に陥ってしまいやすいところ。

この中でも、肋間筋はなんといっても範囲が広いので、伸ばしてあげると体感としても変化や効果を感じやすいんじゃないかな~と思います。

 

それではやってみましょう!

f:id:minatostudio:20190220141325j:plain

座った状態で頭の後ろで手を組みます。

背筋を伸ばして、肩を下ろしておきましょう。

お腹を薄くするのは、腰の反りすぎを防ぐためです。

座り方は、正座や椅子に座ってもできますよ◎

f:id:minatostudio:20190220141343j:plain

背骨を長く伸ばしたまま、身体をねじっていきます。(イラストでは左方向へ)

このねじりはたくさんがんばらなくてOK。自然に向ける程度にしておきましょう。

首は身体が向いた分だけで、無理に捻らないようにします。

f:id:minatostudio:20190220141357j:plain

ねじったところで、左ひじを下へ傾けます。

右ひじが軽く上に向き、右のあばら周辺が広がっていきます。

心地よいくらいの伸びを感じながら、3〜5回程呼吸を繰り返します。

 

ゆっくり傾きを戻して身体を正面に戻して、反対側も行いましょう◎

 

 

肋間筋のストレッチは他にもいろいろやり方がありますが、

この方法は『ねじる』のひと手間を入れることで

普通では広がらないところまでグァバーッと広げられている感じが私のお気に入りポイントです♪

  

 

 

みなとスタジオのクラスでも、とくにピラティスは深い胸式呼吸のために、肋間筋を広げるストレッチはいろいろなバリエーションで取り入れています。

気持ちよく筋肉を伸ばした後は、快適な状態を保つための筋肉のトレーニングをするとより効果が高まります。

 

記事を見て快適な呼吸や姿勢に興味が湧いたら、ぜひクラスにも気軽に参加してみてくださいね〜♪

☆☆☆
みなとヨガ・ピラティススタジオ
佐渡市両津湊260(県道65号沿い) (有)両蒲内、 2階が会場になります。

HP / クラススケジュール / クラス案内 / アクセス

お問合せ:minatoyogapila.okok@gmail.com