みなとスタジオ日記

佐渡島の両津湊で『みなとヨガ・ピラティススタジオ』を運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

身体のことにまったく興味がなかった私が、ヨガを始めたワケ

こんにちは!春香です(^^)

 

みなさんは、どんなきっかけでヨガやピラティスに興味を持ちましたか?

 

○身体を良くしたいと思って

○テレビや雑誌を見て興味を持って

○知り合いがやっていて良さそうだったので

 

などなど、人それぞれいろんな理由があると思うのですが、

今日は、私がヨガをやってみたいと思ったきっかけをお話したいと思います。

 

今でこそ、自宅で教室を開いている私ですが

20代前半くらいまでは運動や身体のことにまったく興味なしな人間でした。

 

子どものころは体育の授業は運動神経がいい子のためのものだ。

くらいに思っていましたし、

 

趣味は絵を描くことで、

ご飯を食べるのも大好きなので

人生を通してぽっちゃり体型がデフォルトでした。

 

大学を卒業してからはフリーターをしながら

漫画家を目指していたのですが

バイト生活をしながら作品を完成させていくことがなかなか出来ず

結局は2年ほどで普通に就職をすることになりました。

 

この就職先でちょっと心を病んでしまう出来事があり、約3ヶ月で退職。

お金もなく、これがやりたいということも無くなってしまい

佐渡に帰ってくることになりました。

 

 

ここまでヨガのYすら存在を見せないでしょう笑

お時間あったらもうちょっとお付き合いくださいね。

 

 

佐渡に帰ってきた当時は、本気で人生もうお先真っ暗だと思っていました。

 

25歳くらいだったんですが、

同級生は立派に自立しているのに

私は何もできていないと自分を責めて、

毎日ノートに今日の自分のダメだった反省文を書いていた、闇の時代です。

(今思うと笑えるのですが、当時はマジで笑っていませんでした。)

 

好きだった絵ももう描きたいという気持ちが起こらないし、

学生時代にできた唯一の宝と言っても過言ではない

友人たちとはすぐには会えない環境になり、

 

これまでの人生で私はこう!と思っていたアイデンティティがガラガラと崩れちゃった感じで、

本当に何を楽しみに生きたらいいのかわからなかったんですね。

 

そんな時にふと浮かんだのが、東京にいる伯母の存在でした。

伯母は長年ヨガのインストラクターをしていました。

 

私はこの伯母から娘のように可愛がってもらい、私も伯母が大好きで、

主にたくさんご飯を食べさせてもらっていたのです。ヨガは習っていません。笑

 

じゃあ何故?!って感じですが

自分には何もないって思った時に、

伯母のような人にはどうやったらなれるんだろう?

とふと思ったんですよね。

 

ここで初めてヨガいいんじゃないか?と思い、

それが今の仕事に繋がっているのだから、人生何があるか本当にわからないですね。

 

書いてきたように、それまで身体のことにまったく興味を持たず、

人生的に見ても、地に足が付かないってこういうことだね!

っていうのを地で行っていた私ですが、

身体のことを始めてから、本当に自然に、心身の状態や人生が好転していきました。

 

きっかけは意外と身体をどうこうしたいとかではなく、

マインド的なところから入ってるのが

やっぱり私らしいというかなんというかだな〜と、振り返って改めて思ったり。

 

長くなってしまったので

ここからヨガにハマっていく過程はまた次回に続きます!

 

 

こんな私のクラス情報やご予約は公式LINEから♪