みなとスタジオ日記

佐渡島の両津湊で『みなとヨガ・ピラティススタジオ』を運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

感覚を育てるレッスン

こんにちは!春香です(^^)

 

 

このブログでも何度かレッスンのご感想や取り組みのご紹介をしたことのある、

ピラティスのパーソナルレッスンを継続受講しているAさん。

 

 

最近目に見えて姿勢が変化してきていて、その様子に目を見張っていたのですが、

先日のレッスンでこんな事を話してくださいました。

 

 

「疲れるとやっぱり腰が曲がってくるんだけど、

 

 

 それをどうすればいいかわかるようになってきた。」

 

 

これってすごいことでしてね。

 

Aさんは腰の手術の後、姿勢がどうしても以前のように保てなくなってしまい

 

はじめてレッスンにきた頃は、

 

 

「以前はどうやって歩いていたのかわからない……。」

 

 

とお話しされていました。

 

 

何も問題がない時は無意識にできていたことが、手術を経て、筋力も落ちて、

自然に行なっていたことがわからなくなってしまっていたのだと思います。

 

 

それがここ最近は、疲れて腰が曲がった時に

こうやって腰を起こせばいい。ここに力を入れると安定してラクでいられる。

というポイントが掴めるようになってきたと。

 

 

いやー、素晴らしい!!!

これはコツコツと身体の感覚をキャッチしていった成果だなぁって感動しました。

 

 

ピラティスって体幹レーニングなので、簡単に言えば筋トレをしてます。って説明できるんですけど、

レッスンでやってることって、『ただ筋トレしてる』だけではないと私は思っています。

 

 

インナーマッスルを使って精密に身体をコントロールするためには、

小さな筋肉から大きな筋肉、身体中の関節、骨、筋膜の繋がり、そして呼吸と

さまざまなことに意識を向けて、その感覚を高めていきます。

 

 

めちゃくちゃ集中するし、視覚とか感覚、聴覚(インストラクターの指示を聞くのに)などの

五感をフル回転させているんですよね。

 

 

そうやって集中して身体に向き合っていくと、

本当にある日、以前は感じられなかった繊細な身体の感覚がわかるようになることがあります。

 

 

私はこういう感覚が育ってる感が大好きでして。(マニアックですね笑)

身体感覚が高まると、ただ歩いてるだけ〜とか、座って呼吸してるだけ〜

の時間も、味わうことがたくさんで楽しい時間になるんです。

 

 

大袈裟にいうと、人生の充実度がググッと変わるとさえ思います。

 

 

Aさんの変化も、

体幹が鍛えられて強くなったから姿勢が変わってきた。というのはもちろんなんですが、

 

 

そこからさらに、そうでいられなくなった時にどうすればいいか?を

体感的にわかるようになったのは、感覚の力を高めたからこそ!だと感じます(^^)

 

 

さて、身体の感覚をキャッチする練習って、

実はレッスンでなくても簡単に出来ることがあります。

 

 

何をしてる時でもいいから、身体に意識を向けて感じてみてください。

 

立っている時の足の裏が地面に付いている感じは?

 

背筋は伸びてる?曲がってる?

 

呼吸は心地よい?緊張してる?

 

ポイントは、こういう感覚がある。ってただ気づくことです。

 

 

Aさんも忘れちゃっていたけれど、普段あたりまえにしている日常動作って

ほとんど無意識に行なっています。

 

 

歩く時に右足を出そう!ってわざわざ考えなくてもやっているように。

それをたまに意識的にしてみる。

オートマから手動運転に変えてみるんですね。

 

 

今こういう感覚がある。って体感できることって、それだけで素晴らしいことです。

春に向かう2月後半、五感を使って楽しんでいきましょう♪

 

f:id:minatostudio:20220214144941j:image

桜の木にもちっちゃいつぼみが!!

 

★☆★☆★

ご予約、お問合せはこちらからどうぞ〜💁🏻‍♀️

 

ホームページ⏩みなとヨガ・ピラティススタジオ

 

公式LINE