みなとスタジオ日記

佐渡でみなとヨガ・ピラティスのスタジオの運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

ピラティスの胸式呼吸

こんにちは♪

毎度時間がかかっておりますm(_ _)m この記事は、ピラティスの基本姿勢からの続きになります。

姿勢に引き続き、ピラティスを行う上でとても大切な呼吸。この呼吸法をするだけでもさまざまな良いことがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね(^^)

 

ピラティスの胸式呼吸

ピラティスのエクササイズは、胸式呼吸で行います。

胸式呼吸とは、息を吸ったときに胸が膨らみ、吐くときに胸がしぼむ呼吸です。

ピラティスでは、ふだん自然にしている呼吸よりも意識的に胸の奥底の方にまで深く空気を入れる必要があります。

f:id:minatostudio:20180405165128j:plain

イラストのように、胸の上の方が持ち上がるように吸うのではなく、あばらの下の方にまで息を届けるようなイメージです。

f:id:minatostudio:20180405165142j:plain

☆やり方

・呼吸は鼻から吸って、口からハーっと吐きます。

・呼吸が胸にしっかり入るために、お腹を背中の方へ引き込んで薄くしましょう。

 ・息を吸うとき、あばら(イラストで指差しているバストの下あたり)を押し広げるように膨らませます。

 ・息を吐くときに、膨らませたあばらを中心に寄せるように閉じていきます。

 

あばら=肋骨は胸を鳥かごのように取り囲んでいる骨です。この肋骨周辺の呼吸筋までしっかりと使うのがピラティスの胸式呼吸のポイントです。

吸うときは、あばら一本一本の隙間にまで空気を行き渡らせるようなイメージ。吐くときは、左右のあばら骨をみぞおちへ寄せていくようなイメージをしてみましょう。深〜い呼吸をしながらも、余分な身体の力が抜けているのがベストです♪

 

☆効果

胸の底のまで深く息を吸い、しっかりと吐き切る胸式呼吸は、集中力を高め、頭がスッキリし、身体を暖めるなどの効果があります。集中して数呼吸繰り返すだけでも腹部や呼吸にまつわる筋肉のトレーニングになりますよ。

 

タオルを使って胸式呼吸をしてみよう♪

慣れないうちはあばらを膨らませる・閉じる感じがわかりづらいかもしれません。そんな時は、タオルを使うと胸の動きが感じやすいのでオススメです♪

f:id:minatostudio:20180405165158j:plain

 フェイスタオルなどを背中から回して胸の前で交差させましょう♪

さらにカンタンな方法は、手であばらに触れて呼吸をし、手のひらの中で胸が膨らんだり萎んだりする感覚を感じてみてください。

 

最初は身体に余分な力が入りがちですが、慣れてくるほどリラックスしながら深い呼吸ができるように変化していきます^^v 

忙しくて身体に向き合う時間が取れないときも、すき間時間にさっと呼吸をすると気分がすっきり。リフレッシュになりますよ!

 

次回は姿勢・呼吸に続く第3のポイント、ピラティスのコアについて書いていこうと思います。

ちょっと更新に時間がかかるかもですが、気長にお待ちくださいね☆

 

☆☆☆
みなとヨガ・ピラティススタジオ
佐渡市両津湊260(県道65号沿い) (有)両蒲内、 2階が会場になります。

4月から新クラス『ヨガと瞑想』スタートします!

ヨガと瞑想クラスのお知らせ

みなとスタジオのLINE@始めました♪

HP / クラススケジュール / クラス案内 / アクセス

お問合せ:minatoyogapila.okok@gmail.com