みなとスタジオ日記

佐渡でみなとヨガ・ピラティスのスタジオの運営をしています。クラス情報や日々の活動などを綴ります。

コブラのポーズ〜気持ちを前向きに♪消化力もUP!!〜

こんにちは☆

今回はコブラのポーズをご紹介します!

 

f:id:minatostudio:20180717182830j:plain

 

漠然とヨガというとよく見たことある感じのするポーズではないでしょうか。

見た目「腰を反らす」感じが強いため、苦手意識を持ってしまったり

形だけ真似する事で無理な体勢になってしまいやすいポーズなのかな?と思います。

反対に柔らかい方だとぐにゃっと上体を曲げられてしまい、だからなんなのか?となるかもですね。

 

身体の使い方やポイントを掴むと

単なる「反らす」だけの姿勢ではないおもしろさが味わえるポーズなんですよ!

さっそく見てみましょう♫

 

☆気持ちよくポーズに取り組むために、まずはうつ伏せになった準備の状態をチェック!

このポーズは腰を反らす意識よりも、「胸を開きながら上へ伸びる」意識で行うと一味感覚が変わってくると思います。そのためにはポーズに入る前の姿勢も大切です。確認していきましょう!

 

f:id:minatostudio:20180719153702j:plain

 

・つま先を伸ばして下半身を床に押しておく。土台を安定させましょう!

つま先は踵が外側に寝てしまわないようにまっすぐ揃えます。下半身の重みでしっかりと床を押すようにしましょう。上半身を動かす前に、下半身の土台が安定しているとより気持ちよく伸びていくことができます!

 

・お腹を薄く引き締めておくことで腰を過度にそらし過ぎるのを防ぐ。

腰は背骨の中でもよく動く場所なので、様々な動きを腰で行ってしまうことで負担がかかり、トラブルが起こります。お腹を締めることで、腰周りを安定させ負担を減らしてくれます。

 

・手は肩の横に置き、脇を締めておく。力の向く方向を前と上に集中させよう♪

肘はわき腹に近づけるように締めておきましょう。同時に肩もお尻の方へ下げて、首の後ろを長くしておきます。上半身を起こしていく時に、腕の力に頼りすぎると肘が外に張り出してしまいやすいですが、重心が外側へ向いてしまうと、「上に伸びる」ことが難しくなります。この力の方向の感覚を掴むと、腕への負担を最小限に上体を起こすことができます。

 

※この体勢は胸と背中周辺の柔軟性や腕の筋力などによって難しい場合があります。苦しい場合は無理をせず、入念に背中や胸をほぐす準備をしたり、コブラのポーズよりも少し易しいスフィンクスのポーズなどからチャレンジすると良いと思います(^^)

 

☆姿勢を整えたら深い呼吸を。息を吸うタイミングで上半身を起こしましょう♫

f:id:minatostudio:20180719153842j:plain

①息を吸いながら胸に空気を取り込み、前方に伸びるように上半身を起こします。気持ちよく胸を開きましょう。

顎が上がりすぎないよう視線は斜め前遠くを見て、耳と肩が近づかないよう首の後ろを長くします。

 

②息を吐きながら、おへその方からゆっくりうつ伏せに戻ります。

 

①、②を何度か繰り返し行って、慣れてきたら①の状態で数呼吸保ってみましょう。

 

③ポーズが終わったら・・・

チャイルドポーズで一休みして、背中にかかった負担をリセットしましょう♪

 

☆ポーズの効果

・気持ちが前向きになる

・背中、胸の強張り解消

・背筋、腕の筋肉の強化

・消化器官を元気にする

 

うっかり冷たいものを摂りすぎてお腹の元気が無くなってしまった時にもオススメのポーズです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね☆

☆☆☆
みなとヨガ・ピラティススタジオ
佐渡市両津湊260(県道65号沿い) (有)両蒲内、 2階が会場になります。

HP / クラススケジュール / クラス案内 / アクセス

お問合せ:minatoyogapila.okok@gmail.com